外壁塗装で生まれ変わるマイホーム~コスト抑えてリフレッシュ~

作業員

生活に合わせる

かつては親方や棟梁と言われた大工は、現在はどこかの工務店に所属をした上で仕事をすることがほとんどです。そのためリフォームにおいて、直接依頼をする事はできませんが、大工と仲良くなっておく工夫で、得をすることもあります。 現在の現場での監督的立場にある人物は、工務店ならば工事担当者がそれに該当します。しかしある程度は現場の大工の裁量に任されているため、その範囲内で仕事を頼むことはリフォームにおいても十分に可能です。 現場において、特定の棚の位置を作り変えて欲しいとか、設計書には無いが特定の箇所も少し延長して工事をして欲しいといった小規模な改修ならば、大工に直接依頼をすることもできます。 そのためリフォーム工事において、大工と仲良くなる工夫によってさらに良いリフォームが出来るようになります。

ペットを家族の一員として、住宅内において共生する人が昨今は多くいます。そのためマンションのような物件でも、ペット共生型マンションが増加したりと、ペットと人との関係のあり方も変化しており、それに社会も対応しつつあります。 リフォームにおいてもペットとの共生を考えた、施工依頼があります。いわゆるペットリフォームと呼ばれるもので、その施工内容は多岐にわたります。部屋中を走り回るペットによって柱や床に傷が付かないように、柱には特別な爪とぎ用のパネルを取り付けたり、床には動物が滑ったり、爪で傷を付けないようにフロアコーティングを行ったり、動物の臭いが部屋にこもらないように換気を新たに設けるといった具合です。 ペットとの共生を考える人たちに、これらペットリフォームは大きなトレンドとなっています。